タグアーカイブ: 関東運輸局

関東運輸局は2016年2月17日、2月度の定例会見を行った。濱勝俊局長は、軽井沢でのスキーバス転落事故からの1カ月間、再発防止に向けた当局の取り組みについて説明。その中で、年度内に全支局管内で貸切バス事業者を対象とした講習会を行うと表明し、これまで千葉、山梨両支局で実施した結果、事業者の受講率は90%であり、軽井沢の事故以降、事業者の責任認識は高まっているとの感想を述べ、「再発防止を含む事故防止の基本は定められたルールを厳守することだ」と力を込めた。

続きを読む

春節期間に都内4地域

関東運輸局と関東地方整備局は中華圏の春節(旧正月、8日)をはさんだ2016年2月4日~13日の期間、東京都内の4エリアで貸切バスの路上混雑緩和に向けたマナーアップキャンペーンを行う。

続きを読む

関東運輸局は2日、軽井沢スキーバス事故を起こしたイーエスピー(東京都羽村市、高橋美作社長)の貸切バス事業許可を取り消す聴聞手続きを開始すると発表した。聴聞は19日に行う。 関運局は事故を受けて、1月15~17日と29日に…

続きを読む

タク特定地域候補は順次協議へ

関東運輸局は20日、定例会見を行った。濱勝俊局長は15日に長野県軽井沢町の国道で起きたバス転落事故について、事故翌日の石井国交相の現地視察に随行し惨状を目の当たりにしたと説明。「転落事故により死亡した被害者の冥福を祈るとともに負傷された方々の一日も早い回復を願う」とした上で、被害者の家族や関係者の問い合わせに対応するため事故当日に相談窓口を開設、被害者の入院先案内や当局としての支援内容の告知などを行ったとし、原因の究明は国交省の事故調査委員会に委ねるものの、局としては今後の再発防止と公共交通機関の安全確保に引き続き全力をあげると強調した。

続きを読む

関東運輸局は、「新宿駅周辺高速バス停留所調整協議会」を設置すると発表した。 2月15日まで、高速ツアーバス連絡協議会と東京バス協会に加盟していない事業者からの参加申し出を待って、2月下旬か3月上旬に第1回の協議会を開く。…

続きを読む

関東運輸局は8日、CRUSING WORLD(クルージングワールド、本社・千葉県成田市)に対して、貸切バスの事業停止処分(9日~2月7日の30日間)を発表した。 同社の高速ツアーバスが昨年8月2日に東北自動車道でトラック…

続きを読む

安全施策に重点 池田会長が活動方針 埼玉県バス協会(池田敦会長)は賀詞交歓会を、川越プリンスホテルで開催した。 池田会長は今年の事業活動と協会の取り組む方針について「高齢化、人口減、高速ツアーバス、環境問題とバス業界をめ…

続きを読む

関運局が安全対策会議 関東地方高速ツアーバス安全対策会議が7月4日、横浜第2合同庁舎で開かれ、管内の高速ツアーバス企画募集旅行業者、同運行貸切バス事業者、旅行業団体、高速ツアーバス連絡協議会、8都県観光担当課長ら130人…

続きを読む

東名高速・首都高速から電車に乗り継ぐ高速バス&レールライドが10月13日から本格運行に移行した。「用賀パーキングエリアを活用した高速バス&レールライド検討委員会」(事務局=関東運輸局、首都高速道路会社)が昨年5月から実証…

続きを読む

9/9