タグアーカイブ: 規制

〈営業用トラックへの運行記録計(デジタコ)の装着義務付け拡大の検討状況〉 運行記録計については過労運転の防止、安全運転のための運行管理といった側面で極めて重要な装置と認識していまして、現行では車両総重量8㌧以上、または最…

続きを読む

昨年4月29日に関越自動車道で乗客7人が死亡、乗客・乗務員38人が重軽傷を負った高速ツアーバス事故を受けて、国土交通省は「高速ツアーバス等の過労運転防止検討会」(12年5月29日)、「自動車運送事業者に対する監査のあり方…

続きを読む

日本バス協会の藤井章治理事長は日本バス記者会と会見で、「バス事業のあり方検討会」の報告書について、「参入規制や需給改善にもう少し踏み込んでほしかったが、高速ツアーバスは廃止し、貸切バスは追加的な規制で対応するとされた」と…

続きを読む

高速ツアーバス対応まとめ 高速ツアーバス事故をきっかけに、自動車運送事業の規制のあり方全体の見直しがそ上にのぼってきた。当初は運転者が「居眠りをしていた」などと証言したため、過労運転や運転時間が焦点だったが、高速ツアーバ…

続きを読む

国土交通省自動車局 規制見直す 国土交通省の中田徹自動車局長は6月28日の記者会見で、民主党国土交通・厚生労働合同部門会議が6月5日にとりまとめた提言「高速ツアーバス問題への対応策」について、「真摯に受け止め、6月11日…

続きを読む

東京バス協会 定時総会を開催 東京バス協会(小田征一会長)は6月6日、東京・千代田区のアルカディア市ケ谷で定時総会を開催し、12年度事業計画・予算などを承認した。役員の一部改選を行い、長山昭一郎副会長と平林光政専務理事が…

続きを読む

次回、報告書とりまとめ 運賃WGとフォローアップ会議を設置へ 国土交通省の第12回「バス事業のあり方検討会」(座長=竹内健蔵東京女子大教授)が3月6日に開かれ、貸切バスの営業規制見直しの議論を続行し、運賃・料金制度のワー…

続きを読む

貸切バスの適正化対策について議論 国土交通省の第10回「バス事業のあり方検討会」(座長=竹内健蔵東京女子大教授)が開かれ、貸切バスの適正化対策について議論した。また、第11回で高速ツアーバスの新高速乗合バスへの移行、第1…

続きを読む

8/8